砕石・砕砂製造事業

ホーム事業案内 > 砕石・砕砂製造事業

多彩な用途に対応するラインアップ

天然の岩石を破砕機や粉砕機などで人工的に小さく砕いた「砕石」「砕砂」は、コンクリートやアスファルト合材などの原材料として、不可欠な資材です。道路や橋梁、鉄道、上下水道、学校やビルなど、私たちの回りのあらゆる場所で使用されています。

山﨑砂利商店では、単粒度砕石、割り栗石、道路用砕石、山ずり、山砂などの天然岩石から製造される資材のほか、コンクリートがらや汚染土壌をリサイクルして製造された再生砕石や洗い砂を販売することで、循環型社会に貢献しています。様々なサイズ・用途の砕石を製造し、皆様のご要望にお応えしています。

砂利

主要販売品目

品目サイズ用途

3号砕石

40mm-30mm

暗渠排水用、その他

4号砕石

30mm-20mm

暗渠排水用、ブロック裏込材用、その他

5号砕石

20mm-13mm

生コン骨材用、敷石用、その他

6号砕石

13mm-5mm

生コン&アスファルト合材骨材用、敷石用、その他

7号砕石

5mm-2.5mm

生コン&アスファルト合材骨材用、敷石用、その他

砕砂

5mm

生コン&アスファルト合材骨材用、二次製品用、管保護用、その他

砕砂

3mm

生コン&アスファルト合材骨材用、二次製品用、管保護用、その他

再生砕石(RC-40 )

0mm-40mm

路盤材、その他

洗い砂

3mm-5mm

生コン&アスファルト合材骨材用、二次製品用、管保護用、その他

砕石・砕砂ができるまで

  1. 剥土 剥土(はくど)とは、砕石となる岩盤を覆っている土や軟らかい石を取り除く作業です。これらの土や石は、造成工事や埋立などに使われます。
  2. 起砕 剥土され、表に現れた岩盤は、建設機械や火薬を使って小さく砕かれます。この作業を起砕(きさい)と呼びます。
  3. 破砕・選別 プラントに投入された岩石は、徐々に小さく砕かれていきます。破砕された岩石は、ふるいにかけられ必要に応じた大きさに分別されます。
  4. 出荷 砕石や砕砂が、工事現場やアスファルト工場、コンクリート工場へ運ばれて行きます。

砕石場

途中砕石場

住所

滋賀県大津市伊香立途中町字宮メヅラ852番 他

面積

255,446㎡

採掘期間

平成25年1月22日から平成30年1月21日まで

途中砕石場 途中砕石場

信楽採石場

住所

滋賀県甲賀市信楽町田代字大沢227番 他

面積

77,211.57㎡

採掘期間

平成25年2月26日から平成28年2月25日まで

信楽採石場 信楽採石場

梅ノ木砕石場(梅ノ木砕石株式会社)

住所

滋賀県大津市川梅ノ木町字奥山421番地

面積

132,165㎡

採掘期間

平成25年7月26日平成30年7月25日まで

梅ノ木砕石場梅ノ木砕石場

創業以来の歴史と実績

山﨑砂利商店の歴史は、昭和2年、琵琶湖流域での川砂採取に始まりました。以来今日まで、砂利の採取・販売業は、当社の主要業務であり続けています。

長年にわたる技術・知識の蓄積はもちろんのこと、「良い製品を、より安く皆様にご提供する」という顧客尊重の精神は、商品が自然採取から砕石・砕砂、再生資材へと移り変わった現在にも、脈々と受け継がれています。
古くからのお客様も数多く、今後も厚いご愛顧と信頼にお応えできるよう、高品質のサービスをご提供して参ります。

創業当時

環境負荷の少ない再生材を製造

当社の再生骨材は「エコマーク認定商品」です

エコマークは、生産から廃棄までのライフサイクル全体を通して、環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品につけられる環境ラベルです。
厳しい認定基準をクリアした数々のエコマーク商品は、私たちの環境貢献にかける思いの結実でもあります。

エコマーク

「滋賀県リサイクル製品」の認定も

山﨑砂利商店では、滋賀県が推進する「ビワクルエコシップ(滋賀県リサイクル製品認定制度)」の認定を受けた再生骨材も製造しています。

「ビワクルエコシップ」は、主に県内で発生する循環資源を利用し、県内事業所で製造加工される製品の中から、県が定める安全性や規格などの品質基準に適合するものを「ビワクルエコ製品(滋賀県リサイクル製品)」として認定するものです。

当社のビワクルエコ認定商品

ビワクルエコ製品

リサイクル骨材の開発

また、リサイクル骨材として地球環境に配慮した新しい骨材の開発にも力を注いでいます。

立命館大学(京都市中京区)総合科学技術研究機構との共同研究では、「廃棄物由来の細粒土等を活用したリサイクル材料の開発研究」を実施。建設廃棄物の中でも特にリサイクルが難しいとされる細粒土を、埋め戻し材や遮水材料などに有効利用するための手法について研究を行っています。

詳しくは「製品開発・共同研究」をご覧ください。

リサイクル骨材