廃棄物リサイクル・処理事業

ホーム事業案内 > 廃棄物リサイクル・処理事業

大規模リサイクルシステムで循環型社会を目指す

産業の発展と都市の拡大を経て、今日、大きな社会問題となっているのが、建築物等のスクラップ&ビルドに伴う「産業廃棄物」の取り扱いです。
膨大な廃棄物がもたらす環境負荷、処理・処分場の確保、不法投棄の取り締まりなどの課題が年々複雑化している中、国は「大量生産・大量消費・大量廃棄」型社会からの脱却と、3R(削減・再利用・リサイクル)による「循環型社会」の形成を積極的に推進しています。

山﨑砂利商店も、産業廃棄物をめぐる諸問題と地球環境保全の重要性を強く認識し、自社開発の大規模な産業廃棄物リサイクル・処理システムを構築。明るい未来を築く、地球に優しい循環型社会の形成に、少しでも貢献できるよう努力しております。

大規模リサイクルシステム

産業廃棄物の処理・リサイクルの流れ

がれき類の処理

がれき類の処理

木くずの処理

木くずの処理

リサイクルで資源の循環に貢献

人類は、長い歴史の中で、限られた資源である石油や石炭、木材を消費し続けてきました。それが今日、様々な環境問題を引き起こしています。貴重な地球資源を大切に、かつ有効に使うために、リサイクル(再資源化)は、あらゆる人や企業が取り組むべき課題です。

山﨑砂利商店では、解体工事や建設工事、道路改修工事などで大量発生する産業廃棄物を再生資源として活用するべく、再利用プラントで用途に応じた粒度に破砕処理し、再資源化・再生品として販売しています。

再生骨材 燃料チップ原料

安定型埋立処分の流れ

受入→マニフェスト照合→積荷確認→荷降ろし→展開検査→敷きならし→転圧→覆土

処理施設について

中間処理施設

滋賀県大津市伊香立途中町字宮メヅラ861番1

産業廃棄物の種類

がれき類/木くず

事業の区分

中間処理「破砕」

処理能力

2,160t/日

うち、産業廃棄物 810t/日

湖西支店 施設

滋賀県大津市伊香立途中町字西山865番

産業廃棄物の種類

がれき類

事業の区分

中間処理「破砕」

処理能力

2,800t/日

湖西支店 施設

安定型最終処分場

滋賀県大津市和邇北浜1148番地

産業廃棄物の種類

廃プラスチック類/ゴムくず/ガラスくず、コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く)及び陶磁器くず/工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物

事業の区分

最終処分「安定型埋立」

処理能力

192,065㎥

安定型最終処分場