汚染土壌リサイクル事業

ホーム事業案内 > 汚染土壌リサイクル事業

全国有数の大規模・高性能プラント

高性能プラント山﨑砂利商店では、独自の洗浄システムにより、土壌に含まれる有害物質を安全・確実・ローコストに浄化。無害の状態で自然に還します。また再生土としてのリサイクルも行います。京滋エリアでは初めての、本格的土壌浄化施設です。

また、関連技術の開発研究にも積極的に取り組んでおり、金沢大学(石川県金沢市)とは「重金属汚染土壌及び廃棄物に対する洗浄方法の開発」の共同研究を実施しています。
(詳しくは「製品開発・共同研究」をご覧ください)

業界トップクラスの処理能力

一日の洗浄処理能力・2,400トンは業界トップクラス。各地から寄せられる汚染土壌を安心・確実に処理できる施設です。

高性能の浄化システムを導入

新開発の高性能浄化システムを導入した処理プラントは、高濃度汚染物質やさまざまな汚染物質に対応するとともに、浄化コストを大幅に抑えることができます。

厳重な安全管理体制

各地から集められた汚染土壌は、「土壌汚染対策法」に基づき適正に管理します。
また洗浄した製品等の品質チェックのため、場内に分析センターを設け、有害物質の分析・試験を日常的に実施。また定期的に外部の計量証明事業所による分析を行っています。
安全管理体制

汚染土壌処理業の許可をいち早く取得

平成22年4月1日、環境省の「土壌汚染対策法の一部を改正する法律」が施行され、汚染土壌の処理にも許可制度が導入されました。
かねてより汚染土壌の処理・処分への高い問題意識を持ち、高度浄化処理技術の構築に努力してまいりました。改正法にもいち早く対応し、同法施行日の同日、「汚染土壌処理業」の許可を取得しています。
法に基づく厳しい基準をクリアした、当社の処理システムをフル活用して環境保全に貢献すると共に、今後も処理能力のさらなる改善向上を目指してまいります。

許可番号

大津市 第1161000001号

許可年月日

平成22年4月1日

処理施設設置の場所 滋賀県大津市伊香立途中町字西山865外
処理施設の種類

浄化等処理施設(洗浄方式、化学脱着方式)

処理施設の能力

洗浄方式:2,400t/日

化学脱着方式:1,440t/日

浄化済の土砂リサイクル販売

当社では、汚染土壌からリサイクルされた「浄化済の土砂」の製造・販売を行っています。

汚染土壌は、含まれる有害物質の種類により「加熱・気化方式」と「湿式分級洗浄」の2方式で浄化され、厳しい環境基準を満たした土砂が再生されます。

浄化された土砂は、園芸材料、路盤材、地盤改良材、埋戻し土としてリサイクルできます。浄化工程において粒径ごとに分類されますので、お客様のニーズに応じた製品のご提供が可能です。また、ご要望があれば浄化済の証明書を発行いたします。

浄化土

汚染土壌の受注から浄化までの流れ

1.受注 土壌汚染に関するご相談、ご依頼を承ります。2.確認試験・お見積り 浄化費用は汚染物質、汚染濃度により変動しますので、土壌分析やサンプル土壌にて適用性試験を行うなど、浄化が可能なことを確認してお見積り致します。3.受け入れ 日程を含め具体的方法を調査し、受け入れ致します。4.浄化 浄化は、土壌汚染対策法に基づき、適正に管理し行います。またご要望のあるお客様には管理票を発行致します。