共同研究・製品開発

ホームCSR(社会貢献活動) > 共同研究・製品開発

地球環境保全の重要性が叫ばれる昨今において、山﨑砂利商店では、より革新的で環境貢献度の高い製品や技術の開発、産学連携による共同研究に積極的に取り組んでいます。

金沢大学との共同研究

当社は、金沢大学(石川県金沢市)との共同研究により、「重金属汚染土壌及び廃棄物に対する洗浄方法の開発」を実施しています。
キレート剤を主成分とする洗浄液を用いて、汚染土壌に含まれる重金属の含有量・溶出量を低減する技術開発を行う共に、廃液中の重金属に対する高度処理方法の開発にも取り組んでいます。

金沢大学

立命館大学との共同研究

当社は、立命館大学琵琶湖Σ研究センター(滋賀県草津市)との共同研究により、「廃棄物由来の細粒土等を活用したリサイクル材料の開発研究」を実施しています。
建設廃棄物の中でも特にリサイクルが難しいとされる細粒土を、「管路の埋め戻し材」「ため池・廃棄物処分場の遮水材料」「植生用土壌」などに有効利用する手法について開発研究を行い、標準仕様の明確化、商品化データの取得を目指します。

立命館大学

関連技術・製品の特許取得

上述の産学共同研究の他、弊社が開発した製品や製造技術などの特許を取得し、権利確保に努めています。
「未来を拓き、夢を築く」のポリシーに則り、環境保護と社会貢献に与する積極的な特許取得を目指してまいります。

取得特許一覧

CSR(社会貢献活動)一覧へ戻る